タグ:矛盾

🔴創造変化9.◇陰陽 泥も華も忘れずに


0.言葉にすると矛盾しているものでも、物事は矛盾を内在させながら進み、発展していくもの。

矛盾を無くすことばかり考えていると、理想を見失う。大きく構えて、矛盾はそのままで、それでも飲み込んで消化していくこと。


矛盾といえば、やはり人間関係だろう。

しかし、「矛盾は嫌だ」といって、人間関係を拒んで殻に閉じこもってばかりいては、そこに成長発展はない。


他人に対して無関心に過ごしていると、心は軟弱になる。すると、些細なことにも傷付いて反発するようになってしまう。自分は被害者である捉えるようになる。

親切に気付けなくなり、傲慢になり、社会に自分を曝していくことが難しくなる。

つまり、「造化」から離れてしまう。


1.そんな生き方が理想なのか?


矛盾を引き受ける器量と、そこから共栄に進む機鋒(展開力)を備えた男が理想ではなかったか。



◇まずは自分の中の矛盾(陰陽)を止揚していく

・正座(姿勢)は崩さず、柔らかい雰囲気を創る

・心を無(静)にして、稽古(動)で汗をかく

・温和な態度で接して、己の義は貫く

・厳しく当たる中で、温かい心を離さない

・無手の技を稽古する中で、得物の技を稽古する

・酒も女も大好きの中にあって、崩れない

・元気で気力を充実させて、静かである

・妥協しまくる中で、軸はブラさない

・怒りの中で、言葉は丁寧に

・人は憎まないが、そのふざけた行為は毅然と排除する

・憎む力と祝福する力。どちらも持つ。

・貸すことと借りること。借りは真っ当に返し、またいつでも貸せるやり取りを継続。

・陰陽の矛盾は、理想を掲げて飲み込む

・闘うことは厭わないが、平和共栄を目指す


・可愛いが、腹が座っている。


これら自分の中の陰陽を、日常の喜怒哀楽・艱難辛苦・利害得失・栄枯盛衰のあらゆる経験を味わい尽くしながら修養鍛錬していき、自らの風韻(風流余韻)・リズム、つまり個性を磨き上げていく。



もちろん、時には陰(裏・影・秘密)に徹し、時には陽(表・光・公開)に徹することもある。


ただ、そんな中にあっても、

陰に徹する時は、華(陽)を忘れず。

陽に徹する時は、泥をかぶること(陰)も忘れず。


常に陰陽を抱え込むことは様々なリスクがあるにせよ、陰陽片方だけだと進歩発展の力が失われていく。

力が失われるよりは、リスクを取る。力を取る。



2.◇人は本来「造化(陰陽)の働き」そのものである。つまり、

・元気であり

・明確な理想を持っている

・矛盾を飲み込むくらい大きく構え、

・時に陰に徹し、時に陽に徹して働く

・良い時に驕らず、悪い時に凹まず、

・自らの風韻(リズム)を育み、

・様々に造化を具現化(自己実現)していく。


木を見て森も見て、私利私欲にこだわらずに全体の調和や陰陽のバランスを考えて微調整しながら物事を発展させていくと、自ずから自分も豊かになっていく。


それが自然なことであると、東洋思想は教える。

🔴創造変化5.◇矛盾や対立の克服方法


0.世の中、「占い」が職業として成り立つということは、如何に迷っている人間が多いかの証拠になる。


「運命を占う」とは、命がどう運ばれるのかを占うのだろうか。


東洋思想でいう「命(めい)」とは、天から与えられた自らの資質や能力であり、絶対的なもの。

自らの絶対的なもの(資質・能力・個性・才能等)を知ることを「知命」と言い、

把握した自らの命を開発鍛錬修養して活用し尽くすことを「立命」と言う。


「宿命」とは、命(めい)が宿っているのだから動かず、変化しないもの。人間の行為の法則。

それは天賦の資質や能力のことで、どのように開発されるかは本人の努力によって決まる。従って、何もしなければ命を知る事もない。

「運命」とは、命をその理想精神や志、目標に向けて自ら運んでいく努力や縁。努力や縁を疎かにすれば、命は運ばれない。従って、様々に何かを成し遂げていくことはできなくなる。



1.結局、自ら進むと決めた。

そうすると、物事は陰陽相交って進んでいく(造化の働きは陰陽相交って発展していく)から、その過程には矛盾や対立も起こる。


矛盾や対立が嫌だから事を起こすのは嫌だと言ったり、矛盾対立に囚われてオロオロしていたら、何もできなくなってしまう。


待つ人ではなく、為す人であると決めたのだから、何もしないという選択はない。


2.ならば、矛盾対立とどう向き合い、克服していくか。


あっちの顔を立てたり、そっちの理を通したり、向こうの我儘に流されたり…。ま、臨機応変にということもあるが、いつもそれでは自分が面白くない。


根っこからのアプローチもある。

それは、大理想や大義を掲げて不撓不屈で進み、矛盾対立など飲み込んで消化してしまうやり方だ。


大きく構え、大きく進む。

相対的に矛盾対立を小さなものにして、巻き込んで消化してしまえばいい。


例えるならば、

全身が躍動する健康があれば、多少酒を飲み過ぎても、寝不足でも…もっと言えば、即死か致命傷でなければ大した問題ではない。そんなものだ。


些細なマイナスを気にしすぎるのは、大きな理想を持っていない場合が多い。

理想や志義があれば向学心も生まれ、努力も厭わないだろう。


3.大きな理想精神、大いなる志義を育んでいけば、他はそんなに気にすることではない。放っておいていい。


つまらないことを一々気にしていたら、心も身体も家庭も会社も国家も、まともに治るものは一つもなくなってしまう。

もっともっと大きく構えることが大切。


臆病者も卑怯者も怠惰者も馬鹿者も、皆が奮い立たざるを得ないように、

大きく構え、まず自分が奮起していく。

それで片付いていくものだ。


喧嘩の仲裁も同様。

「重責を担っているのだから、大人気ない態度は控えて。もう少し大きく構えて」

「細かいことに拘ってはいけない。大義を見誤らないで」



◇自分はどう生きたいか。理想精神を失ってないか。

・自らの資質や能力を開発鍛錬し、己の「造化」…成長・共栄・調和を様々に体現する。

・「待つ」人ではなく「為す」人であること。必要なのは、元気と志義と役割。

・己の誠の心に誠実に、心の滾ることを選ぶ。


・理想精神を養い、自分の心を整えて、心に誠実になるには、「姿勢を正し」「呼吸を整え」、そして「言葉遣いを丁寧にする」「掃除」「東洋思想から学ぶ」。

2週間もやれば効果は絶大。特に夫婦間、彼氏彼女の間で得られるものは一生の宝物。

よそよそしい?いえいえ、むしろ深く分かり合えるようになります。


これも、矛盾対立の克服の仕方の一つ。


姿勢が整うと、座り方立ち方歩き方…身体の使い方も変わってくる。すると、体形も習慣も考え方も変わってくる。


理想を掲げることの大切さよ。

身体と社会生活。

私たちの身体は、骨、内臓、神経、筋肉、血管、皮膚様々に存在し、関わり繋がりを持って身体全体を構成している。


これらあらゆる器官とその機能が、他の機能や身体全体と矛盾や衝突なく存在し活動している時が、即ち健康というものである。


逆に、身体の器官や機能が働かなくなったり、他の機能との間に衝突や矛盾が生じる時は健康が損なわれる。

つまり、身体が悪くなる、調和を失うということであり、それは礼を失うということである。これを失礼・無礼と言う。


身体について言えば、不養生により健康を害することは、父母から与えられた身体に失礼・無礼をしているということ。


肝臓、腎臓、足腰は特に大切。

食べ過ぎ、運動不足、安楽を貪りすぎないこと。



社会生活においても、学生、労働者階級、経営者階級、資本家階級様々なものが協力し調和していけば、国家生活は健康にいく。


しかし、それらが衝突・矛盾してくると礼を失することになり、混乱に陥る。



調和・協力ではなく、矛盾・衝突では健全な造化は生まれない。

矛盾衝突は、礼を失するということであり、礼という調和のリズムが楽であるのだから、楽も失っているということだ。


そもそも楽とは、生命の最も健康で純真な活動であり、リズムである。

これを感情が面から言えば「楽しい」という感情になる。

だから「楽(がく)」を「楽(たの)しい」と読む。

つづく

↑このページのトップヘ