タグ:基本

459話◇基本と応用


「基本」とは、その根底にある道理を会得して、応用力を養う土台である。

「応用(臨機応変)」とは、展開力であり時中(機に応じ、時に従って事を処する)である。応用力を養うには、基本を学んだら、勇猛果敢にあらゆる経験を嘗め尽くすこと、色々なことを学ぶことが必要である。


従って、事に際しては、道筋をつけ、基本を押さえ、臨機応変に行っていくことが本筋だ。

基本に忠実なだけではちょっと勿体無い。


それは例えばこういうことだ。

ここに、同じ師匠について修行した二人の寿司職人がいるとする。


ふたりとも独立した。

・ひとりは、師匠から学び会得したその技術と知識を活かし、その腕を披露するようにお客さんに寿司を握る。

・もうひとりは、師匠から学び会得した技術と知識を活かし(そこまでは同じだが)、客の立場になって工夫して握る。


ひとりは自分の最高の腕を披露しようと握る。


もうひとりは目の前のお客さんのことを考え、工夫を怠たらずに握る。

例えば、歯の弱い人や年配の人には、そうでない人にはかけない一手間をかける。

イカを、その繊維を断ち切るように包丁を入れたりという一手間である。



実践の場とは、命を躍動させる場所であり、応用力(包容力・展開力)が試される場であり、醍醐味が味わえる場所である。

基本通りにやる場所ではないし、独りよがりでやる場所でもないし、曖昧な態度でやる場所でもない。



基本と応用はお互いに役割が違う。だから、矛盾対立することも少なくない。

しかし、造化(生成化育)へ指向するように、両方伸ばしていく。


それが道である。


夏合宿初日に。

IMG_6613


453話◇数をかけることの意義


「基本3万回」「基本15万回」「千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす」等、数も時間もかける言葉が芸道にはある。


数をかける意義はどこにあるのか?


基本はシンプルなものである。だから、「何故そんなに数をかけるのか?」という疑問の土壌は、「詰まらない」「飽きる」「辛い」「苦しい」などの気持ちから生ずる多い。


飽きても続けることで忍耐力や愚直に取り組む姿勢を鍛えるという答えもある。

が、それだけではない。


忍耐と言って何かをガマンするのは、私欲を妨げられるという側面がある。


しかし、私利私欲(我)があるうちは、物事への純度が高まらない。

一体感が生まれない。



数を重ねていくと、私欲が無くなっていき無心となる。

我を捨てて無心(私欲の無い心)で真心のままに、道理/道義のままに、魂のままに動く。これが大事。

これを会得しなければ、どうやってもその先に進めない。


無心で取り組めるようになると、自分でやっているのだが、どこか自分でない感覚も出てくる。


「誰かが降りて来て手伝ってくれている」「道理(法則・力)そのものになる感覚」

その感覚や表現は人それぞれだろう。


無心になり無我になり、誠そのもの、魂そのものとなって取り組むという姿勢。

それが本来の自分を発揮するための土台なのだ。



魂そのものとなって無心で物事に取り組む自分を作る。

それが「数をかける」ことの意義。

FullSizeRender



330話◇なぜ基本は大切なのか?


何事にも、いかなる問題にも、それを進めていく上での「原理・原則」と言うものがある。


根本法則、基礎条件、基礎知識、ルール。これらは、物事を進めていくためにある。

例えば、もしルールを無くしたら、野球もサッカーも将棋も成り立たない。


窮屈だからと言って、基礎条件やルールを無視していては、物事はメチャクチャになる。成り立たなくなる。



知り合いが怪我をして、今度手術を受けるが、いきなりされても大変だ。

器械や器具を揃え、あらゆるものを消毒、そして医師も看護師も精神統一して手術に臨む。

こういう基礎条件、ルールが厳格であればあるほど成功しやすい。



これが基本である。


なぜ基本は大切なのか?

進歩発展上達を望むからである。

317話◇基本とは自然なこと


・声を出す

大きな声を出すのは気力や気迫を出すため、自分を鼓舞するため。正確に基本を繰り返す時は、静かに行う。

集中して慎重に正確に例えば針に糸を通す時、大声を出しながら行うことはないでしょう。

基本動作は、口を閉じて、静かに、丁寧に、正確に行う。


・正中線上で行う

点ではなく面で捉える。身体の軸は背骨。相対バランス。胸鎖関節を腕の付け根と見れば、その正面の身体の幅が「正面」。肩関節を腕の付け根と見れば、手の正面とは肩関節の正面になる。

身体の正面で行う(正面とはどこか。いつも正中線上というわけではない)。


・自己完結させる

片手を使うなら、身体の軸はそれと反対に傾ける。使う片手と身体の軸双方で一つのバランスを取る。

身体全体でバランス、調和を図る。


・一度に数や時間をかける

骨や関節や靭帯身体を壊すような数のかけ方はNG

毎日の積み重ね

◼️呼吸・姿勢
まず呼吸と姿勢を整えて立ち、足は肩幅程度に横に開く。
この状態で前後左右斜め、自由に動けるよう運歩。

「基本」は、「当たり前」「不自然でない」というのが大切なこと。


◼️心構え

自在に応対する心構えが大切だが、まずは「鯉口を切っておく」つまり、「寄らば斬る」という隙のない心構えを作る。

人を傷つけると考えるのではなく、「降りかかる火の粉を払う」「迫る脅威を取り除く」と考える。

決断力と度胸が必要。ためらう、迷うというのは良くない。


◼️手順・数

そして手順を踏む。

数をかける(10〜15万回)。


観察→構え(構えの途中でも動きはスタートできることも大切)→拳は相手の正中線を押さえるように→拳は軽めに握るが隙間を作らない→突き→残心・観察(相手を制したことを確認)→構え→観察。


◼️流れ・波

観察→心構え→呼吸・姿勢→体構え→技→残心(構え→呼吸・姿勢→観察)という手順・流れを大切に。


観察をピークとした波、心構えをピークとした波、技をピークとした波、呼吸という波…波が幾重にも重なって流れができる。


◼️一体感

技は相手がいることで成り立つから、相手との一体感を持てるようになることも非常に大切。

独りよがりの技を相手に押し付けるだけでは、すぐに行き詰まる。



ただ、基本とは、私の器量では説明し尽くせるものではない。

物事のある側面から見た説明に過ぎない。


◼️類推・応用

机の一隅を照らして、他の三隅、机全体を知るが如く洞察力を発揮し、様々に応用して頂きたい。

↑このページのトップヘ