タグ:力

462話◇力があるかどうか


力があるかどうかは、どうすれば測れるか?

安静にしている状態では分かりにくい。


どうすれば分かるか?

全力疾走で、自分のベスト、最先端を出してみれば、今の自分にどれだけ力があるか分かる。


もし力が足りなければ、すぐに息切れする。望む結果に届かない。



病気や怪我も然り。

安静にしている状態では自覚症状が無く、病気と分からないこともある。

でも、全力疾走しようとすると、その弱っているところが露呈しやすい。


もちろん、その人たちに全力疾走を勧めるわけではない。

自覚症状が無いことにたかをくくって、かえって重症化するよう振舞ってしまう人への、自覚を促すための方便である。



閑話休題。

筋力も知力も体力も心肺機能も精神力も、使わなければその能力は衰えることを、廃用性萎縮と呼ぶ。


敷衍すれば、

全力を出すことを怠っていては、その力は伸びない。

力を伸ばしていく眼目は、物事に全力で取り組むこと。自分を尽くすことにある。


いつも、「今日が今までの人生でベストだ」というように毎日を過ごすなら、今日がダメでも、明日の自分が何とかしてくれる。

自分を信じて、成すべきことを為すために、自分を尽くすこと。


それを鍛錬と言う。己の力を養う秘訣である。



稽古だけでなく、勉強も仕事も生活も人生も然り。

根ざすものがあり、

目指すものがあり、

起点がある。

真剣になって自分を尽くしていく。


それは、生き甲斐でもあり醍醐味でもある。



力は、成すべきことを為すため、自他の共栄のために。そう使うのであれば、力は正義である。



今日も力強い一日を。

FullSizeRender


第435話◇力と愛


頭の回転が速くて理知的だが、冷たい人がいる。

仕事はとんでもなくできるが、冷たい人がいる。


そういう人を見ていると、冷徹にならなければ人間は力を会得できないのか…と思うことがあるかもしれない。


しかし、それは大きな間違いである。



人間の意識を高めるものは、偉大なものや尊いものに対して抱く「敬・愛」の心、その表裏として己の未熟さを恥じ入る「恥」の心である。


力は様々あるが、突き詰めればその力の源は「真理」である。


真理は冷徹にならなければ会得できないのか?


寧(むし)ろ逆である。

真理に対する敬愛があるからこそ、求める力に対する深い探求ができ、その真摯な努力の結果、力を会得するのである。


力と愛は本来一つであって別々のものではない。

だから、真理を会得した人間、本物の強い人間に、冷たい人はいない。



これを敷衍すれば、

真理を会得しようと結ばれた師弟関係が「冷厳」だけである道理はない。

お互いの、真理に対する熱烈たる姿勢が融合・牽引・共鳴するところに、師弟道の本質がある。


「芸道に対して厳しい師匠」というのは、自分からも弟子からも甘えた心やふざけた心を一掃し、真心をもってその芸道を歩んでいくという、道に対する深い敬愛の表れである。

FullSizeRender


男と女◇言霊(言魂)ことだま


言霊(ことだま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。言魂とも書く。

声に出した言葉が、現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると良いことが起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされた。

Wikipediaより)



ただ、

弱い男や女の言葉に言霊(力)はない。

浮ついた者がどんな言葉を発しようと、その言葉に力はない。誰かを呪う力も鼓舞する力も祝福する力もない。


だから、万一つまらない男や女に何かを言われたからとって、気にすることはない。



その昔、「言(こと)」と「事」に区別はなかった。


「言」は「事」であり、事は出来事である。


出来事には終始(始まりと終わり)があり、

出来事から「物」が生まれる。

物とは存在であり、存在には本末(重要な部分と瑣末な部分)がある。


従って、物事には終始本末がある。

それを間違えると「本末転倒」になる。


本末が転倒しているとは、きちんと筋道が立っていない、あるいは肝心なことを忘れて、つまらないこと大事にしてしまっていること。大きな失敗はここから起こる。


それだけに、「言(事)」を言ったり起こしたりすることは、とても慎重であり、また大切であった。



磨かれた人格から出た言葉には言霊(力)が宿り、それは出来事となる。

 


男も女も、人格が磨かれていけば、

目の前の相手には、心そのものが伝わるようになる。


だから、彼氏彼女や夫婦は言葉が少なくなっていくこともある。


お互いの人格が磨かれていくから。

心が通じて、目で会話ができるようになっていくから。



そして、そんな男や女の語る言葉には、

「言」を「事」に変える大きな力が宿る。



人格を磨き、

言葉を出来事に変え、

受け取る。


男と女の、心と言葉。


心の形、言葉の力。

男と女◇男の本分、女の本分


論語にもあるように、「本(もと)立ちて、道生ず(根本が定まってはじめて、進むべき道が生じる)」である。

男女の本分を定め、己の弱さを克服し、資質や環境を活かして本分の体現へと努力したい。


・男の本分は、志や義を持ち、そこに至る筋道を立て、死ぬまで努力し続けていく。


大きな力を身に付けるべく、鍛錬修養し続けていく。力は、見せびらかしたり誇示したりすることなく、自分・家庭・職場・社会・世界を扶(たす)けて、その興隆・発展に寄与していくために使う。


力は散漫になりやすい。

だから、必ず自らを省(かえりみ)て、無駄なものを省(はぶ)いて統一させること、つまり反省が大切となる。


そして、社会を扶けていく前提として、全てを包容し親しむ器量の大きさが大切。


義と力。これが男の本分。



・女(婦人)の本分とは「婦」は「女」偏に「箒(ほうき)」。ほうきは掃除(そうじ)する時使う。汚(よごれ・けがれ)を払って明るく美しく変化させることであり、美の象徴である。


変化させるにはまず対象と親しむことが必要。親しむには包容し寛容であることが必要。


全てを包み、親しみ、育んで変化させていく働きが「仁」。


そして、心を明るく清潔に美しくしていく。身体も姿勢・仕草・態度も美しくしていく。

家庭も地域も職場も社会も、明るく美しくしていく。


明るく美しいものに触れれば、人々の心も穏やかに美しく整いやすい。

そこに調和や秩序、創造、進歩・発展が生まれる。


清潔、明るい、あたたかい、包容する、優しさ、美しさ


仁と美。それが女性の本分。



義と力。

仁と美。


「本(もと)立ちて、道生ず」。

志を持ち、互敬し、相親しみ相譲り、協力一致して創造展開していく。


男の本分、女の本分を会得し、お互い協力一致する。

ただそこに、色々な「縁」と複雑な「数(因果関係)」が絡み合い、時に本分を離れ、時に交わり、様々に創造展開・衰退消滅していく。


「男と女」というテーマは、この本分から派生したり外れたりする所の風景に過ぎない。


いつでも、本分を省みて、つまらないものは省けるように心は定めておきたい。

{143FAC41-99CC-4B78-BF9B-AD3BA78BA6A4}


◼︎男は、
志・野望を抱き、そこに至る筋道を立て、死ぬまで努力し続けていく。

大きな力を身に付けるべく、鍛錬修養し続けていく。

その力は、見せびらかしたり誇示したりすることなく、自分・家庭・職場・社会・世界…を扶(たす)けて、その興隆・発展に寄与していく。

力は散漫になりやすい。
だから、必ず自らを省(かえりみ)て、無駄なものを省(はぶ)いて統一させること、つまり反省が大切となる。

これが男の本分。

そして、社会を扶けていく前提として、全てを包容し親しむことが大切。
それが男の器(器量・度量)の大きさ。


◼︎婦人…「婦」は「女」偏に「箒(ほうき)」。ほうきは掃除(そうじ)する時使う。汚(よごれ・けがれ)を払って明るく美しく変化させること。

変化させるにはまず対象と親しむことが必要。親しむには包容し寛容であることが必要。

全てを包み、親しみ、育んで変化させていく働きを「仁」という。

女性の本分はここにある。

心を明るく清潔に美しくしていく。そして、身体も姿勢・仕草・態度も美しくしていく。
家庭も地域も職場も社会も、明るく美しくしていく。
明るく美しいものに触れれば、人々の心も穏やかに美しく整いやすい。
そこに調和や秩序、創造、進歩・発展が生まれる。

清潔、明るい、あたたかい、包容する、優しい、美しい…女性の本分とはそういうもの。

↑このページのトップヘ