カテゴリ: 創造変化

🔴創造変化7.◇小人(自分勝手な罪悪感)


0.今回は、東洋思想の言う「人物の条件」とは逆、いわゆる小人について。



自分に許可出せなかったり、受け取れなかったりするのは、「倫理観」や「優しさ」が邪魔をしているのだろうか。


皆で楽しもうとしているときに、「皆と楽しむ資格はない」と「自分勝手な罪悪感」に浸り、「俺はいいよ」といって断ってその勢いを削ぐ人がいる。


本人に悪気はないのかもしれないし、それが「倫理観」だと思っているのかもしれないが、「一緒に行こうよ」と繋がりを持とうとしていた人達にとっては、ただただ迷惑以外の何ものでもない。白けるだけだ。


1.東洋思想では、そういう男を「小人」と言って嫌う。未熟者に留まっているからだ。


小人は、私利私欲を自己統制できないし、自分の資質や能力を理解せず、道や義を学びもしない。

だから、勝手な罪悪感を倫理観に置き換えて周囲に迷惑を振りまいておきながら、自分の辛さや悲しさを相手に小出しにして投げかける。

つまり、造化を具現化していく元気がない。器量や機鋒(展開力)が無いのだ。


2.…情けない。

そんな態度では自分も周囲も健やかに成長する道理はない。


そのような自分も周囲も不幸にしていく罪悪感などは不要だ。


学ぶべきは、艱難辛苦・栄枯盛衰・利害得失・戦争と平和、どんな状況でも喜怒哀楽はあるということだ。

ぬるま湯に浸っていると、少し甘くて罪悪感を持った人達は、「みんな平和じゃないと何かを楽しむのは心苦しい。自粛しよう」と思うようになる。それは小人の発想だ。


ぬるま湯から出てみればそうでないことが分かる。

どんな場所にも笑顔はあるし、音楽も元気な子供たちも酒も下心も恋もジョークも、喜怒哀楽や利害得失は全部あるのだ。


だから、そこで自分が如何に主体性・創造性を発揮して、自分も周囲も変えていくか、造化の働きを具現化できるかが重要なのだ。



人間にとってまず最初に身につけるべき徳、つまり子供がまず身につけるべき徳は、「明るい」「温かい」「清潔」「健やか」だ。

自分勝手な罪悪感で、自分や周囲に明るさや温かさを伝えることは難しい。


小人のままでいいとは誰も言わない。そんな罪悪感は手放して改心する。

成長・共栄・調和に、それぞれの理想像に、少しでも近付きますように。


自分にもっと様々なことを受け入れる許可を出す。そんな器量も元気も無いなんて、何も始まらないじゃないか。



◇私に元気はあるか。理想はあるか。自分を社会に曝しているか。覚悟を決めて、様々なことを成し遂げ、受け入れる許可を出しているか。小人のままではいけない。

🔴創造変化6.◇人物条件と育み方と目標


0.他人や社会を論じたり批評するのは簡単だが、自分を知って自分を論じる、自分を把握すると言う事は簡単ではない。

何かあれば、過去の環境や社会、時代のせいにしがちだが、本来はまず自分を責むべきである。


そして、もっと大事なことは、「自分が悪い」とか「他人や社会、時代が悪い」などと言うことではなく、

自らが置かれた状況・環境で、自分はどれだけ有能で役に立つか。自分はどういう理想や志や情熱を持っているか。

そういった「自分の誠の心に率いられて、自ら行動している」ということが大切である。


そう考えると、「私が人に対して取る行動は本当にそれでいいのか」と改めて振り返らざるを得ない。



2.私たちの全て(言葉・姿勢・立居振舞・表現・作品・仕事・趣味)の表現は、心(自らの造化の働き)の表現である。


そこで、

まずは理想を掲げる。そして、自分の資質や能力を把握ながら理想に向かって道を歩む。その途中途中で様々に築き上げていく。


そのための力は決まった形にはならないし、目にも見えない。それは無意識の中にあるのだろう。


意識してできることとして、自分の最大の武器は何か。


繰り返しになるが、私利私欲や臆病・卑怯・怠惰な心に流されることなく、主体性・創造性をもって「自分の心の奥底の奥底にある誠の心(志・義)に率いられて行動できること」である。



2.自分で自分を許可できない人がいる。物事の結果を受け入れる事が出来ない人たちがいる。いろんなものを信じられない人がいる。


そういう考えは手放す。

自分で自分を許可し、自分を曝(さら)し、いろんなものを信じ、そして結果を受け入れる。

それが、自分の心の奥底の奥底にある誠の心(志・義)に率いられて行動することではないだろうか。


そうであれば、成功して居心地が良くなれば良くなる程、自分を許可できず、受け入れることもできずに、その場を壊すことばかり考えるという愚を犯すこともない。


理想や志義があれば、快適さから逃げる必要もないし、そこに溺れて軟弱になることもない。結果も丸ごと受け入れられる。


結局、何事も自らの内側から始まる。

心を変化させ、成長していかなければ何も始まらない。それが「造化」である。


自らの中にある「造化」の働きを具現化していくために、東洋思想では「人物の条件」を様々に説いている。


その条件とは、

1.元気があること(気力・骨力)

2.理想を持っていること志義を掲げる。

3.義利の弁別ができること「自らの心の奥底の奥底にある良心(志・義)に率いられて行動できること」。

4.目標を掲げる心が滾るか。ワクワクするか。

5.物事には不撓不屈で取組むこと

・造詣(専門技術・知識)を養う

・節操を持つ / 情欲の転換 脅威や誘惑に動じない

6.広く親しむ「周して比せず、和して同ぜず」

・笑顔や元気や情報等を交換→1.へ循環。

・寛容(もっと大きく構え、善悪全て許可し、一旦受け入れる)→2.志義を貫いていく

7.器量、風韻、風格が生まれる

・包容力、主体性、創造性(展開力)、一貫性を育む。


これらの「人物の条件」の育み方は、

・書物や歴史から学び、

・自分を把握しながら、世の中に自分を曝(さら)し、怯まず臆せず勇敢に自らの人生の様々な喜怒哀楽・艱難辛苦・利害得失・栄枯盛衰を味わい尽くし、

・その中で、自らの信念を貫くことを試していく。


その過程で物事を様々に築き上げていく。

常に自分の中から溢れ出る。理想も目標も内側から。



◇自分の欠点 メモ

・後悔はする。しかし、後悔できるのは今の方が成長してるからだと思う。

・理想精神は自らの反省から生まれることもある。

・真実と向き合うのが怖くても向き合う。真実は自分の味方であると考える。

・もっと大きく構えること、浅はかさ、臆病、怠惰はいけない。

・欲望に流されてもいけない。私利私欲は否定するのではなく自己統制していく。

・器量が小さい(つまらない)から、小さい(つまらない)ものを選ぶ。選んだものを見れば己の器量が自覚できる。


◇目標「資質を活かした造化の具現化」

(逃げず、忘れ、楽しみ、感激)

◎自分が(周囲が)元気になるような物事

・仕事

・本📚論語のような

・道場🥋武道、東洋思想、人財育成

・映画🎞

・写真展📷

・作詞作曲🎼

・アウトドア🛶⛺️


◎自分が(周囲が)強く優しくなるような物事

・孝行温泉旅行🛳

・身体づくり(意識から)

・道場付日本邸宅🏯

・英会話→Au.で稽古、イタリア、

・造詣を深める整体、武道、歌、講演、写真、スケッチ、心身操作

・投資💴


◎共栄、団結できるような物事

Bar🍻 仲間と悪巧み、飲み会、コンサート、※従業員の雇用形態はクリエイター契約

FEG→仲間作り、鍛錬修養、貢献

・教育、建設、リサイクル、IT、医療、防衛 様々に起業

🔴創造変化5.◇矛盾や対立の克服方法


0.世の中、「占い」が職業として成り立つということは、如何に迷っている人間が多いかの証拠になる。


「運命を占う」とは、命がどう運ばれるのかを占うのだろうか。


東洋思想でいう「命(めい)」とは、天から与えられた自らの資質や能力であり、絶対的なもの。

自らの絶対的なもの(資質・能力・個性・才能等)を知ることを「知命」と言い、

把握した自らの命を開発鍛錬修養して活用し尽くすことを「立命」と言う。


「宿命」とは、命(めい)が宿っているのだから動かず、変化しないもの。人間の行為の法則。

それは天賦の資質や能力のことで、どのように開発されるかは本人の努力によって決まる。従って、何もしなければ命を知る事もない。

「運命」とは、命をその理想精神や志、目標に向けて自ら運んでいく努力や縁。努力や縁を疎かにすれば、命は運ばれない。従って、様々に何かを成し遂げていくことはできなくなる。



1.結局、自ら進むと決めた。

そうすると、物事は陰陽相交って進んでいく(造化の働きは陰陽相交って発展していく)から、その過程には矛盾や対立も起こる。


矛盾や対立が嫌だから事を起こすのは嫌だと言ったり、矛盾対立に囚われてオロオロしていたら、何もできなくなってしまう。


待つ人ではなく、為す人であると決めたのだから、何もしないという選択はない。


2.ならば、矛盾対立とどう向き合い、克服していくか。


あっちの顔を立てたり、そっちの理を通したり、向こうの我儘に流されたり…。ま、臨機応変にということもあるが、いつもそれでは自分が面白くない。


根っこからのアプローチもある。

それは、大理想や大義を掲げて不撓不屈で進み、矛盾対立など飲み込んで消化してしまうやり方だ。


大きく構え、大きく進む。

相対的に矛盾対立を小さなものにして、巻き込んで消化してしまえばいい。


例えるならば、

全身が躍動する健康があれば、多少酒を飲み過ぎても、寝不足でも…もっと言えば、即死か致命傷でなければ大した問題ではない。そんなものだ。


些細なマイナスを気にしすぎるのは、大きな理想を持っていない場合が多い。

理想や志義があれば向学心も生まれ、努力も厭わないだろう。


3.大きな理想精神、大いなる志義を育んでいけば、他はそんなに気にすることではない。放っておいていい。


つまらないことを一々気にしていたら、心も身体も家庭も会社も国家も、まともに治るものは一つもなくなってしまう。

もっともっと大きく構えることが大切。


臆病者も卑怯者も怠惰者も馬鹿者も、皆が奮い立たざるを得ないように、

大きく構え、まず自分が奮起していく。

それで片付いていくものだ。


喧嘩の仲裁も同様。

「重責を担っているのだから、大人気ない態度は控えて。もう少し大きく構えて」

「細かいことに拘ってはいけない。大義を見誤らないで」



◇自分はどう生きたいか。理想精神を失ってないか。

・自らの資質や能力を開発鍛錬し、己の「造化」…成長・共栄・調和を様々に体現する。

・「待つ」人ではなく「為す」人であること。必要なのは、元気と志義と役割。

・己の誠の心に誠実に、心の滾ることを選ぶ。


・理想精神を養い、自分の心を整えて、心に誠実になるには、「姿勢を正し」「呼吸を整え」、そして「言葉遣いを丁寧にする」「掃除」「東洋思想から学ぶ」。

2週間もやれば効果は絶大。特に夫婦間、彼氏彼女の間で得られるものは一生の宝物。

よそよそしい?いえいえ、むしろ深く分かり合えるようになります。


これも、矛盾対立の克服の仕方の一つ。


姿勢が整うと、座り方立ち方歩き方…身体の使い方も変わってくる。すると、体形も習慣も考え方も変わってくる。


理想を掲げることの大切さよ。

🔴創造変化4.◇造化と三才


0.東洋思想では、トラウマや過去に戻って「こんな辛いこと、悲しいことがあった」と過去をほじくり返すことはあまり勧めない。


戻る場所はそこではない。


孟子に言う「自反」。

反(かえ)る場所は、自分の心。

自らの理想精神であり、誠の心に反(かえ)るのである。自分の資質や能力、自分自身に返るのである。


自らの理想精神は「造化(創造変化)の働き」と結びついてくる。


1.そこで、東洋思想の根っこにある「造化」について。


造化とは創造変化の働きのことであり、それは万物を生成化育する働き、物を造っていく「働き」である。

だから、どの瞬間においても絶えず何かを生み出している、若しくは生み出そうとして力が含蓄されている状態である。


例えば、剣道でも柔道でも、修めた人の特徴の一つは、相手がいつ何処からどう来られても、それに自由自在に処していける、変化していけるという溌剌とした躍動を内に秘めている。そして泰然自若として静かにしているというように鍛えられていること。


このように、どんな場合にも何かを成し、または成そうとする含蓄的状態が「造化」の一側面であり、それを自己の中に含んでいることが理想である。



2.そして、東洋思想には、三才という考え方がある。

これは「造化」の形を象徴的に表すもので、「天・地・人」の三つを言う。


東洋思想において「理想」というものは、無限であり変化を含む。これを「天」と表現した。


理想を実現させたところは「現実」であり、それは無限を有限に固めたものである。変化から固定されたものとして現実化されたものである。それを、無限・変化の「天」に対して、有限・固定を具象するものとして「地」と表現した。


理想と現実を繋ぐもの、理想を現実にするもの、それは私達人間の働きである。従って「実現」という働きを「人」と表現した。


天・地・人とは、理想・現実・実現である。


この「理想」と、それを「実現」させる働き、実現させた後の「現実」、この三つが限りなく続いていくことが「造化」である。



◇「造化」という性質や働きは自らに備わっていて、それを「理想精神」や「志義」に基づいて様々に具現化していく。

常に自分自信(自反)から始まる。

🔴創造変化3.◇目標とは「道」であり「予定」である


0.世の中がどんなものかは、自分の主観を離れて認識できるものではない。

だから、自分の固定観念や思考が変われば、世界の認識の仕方も変わる。

固定観念や思考が変わるそのきっかけは、何かから学んだ時かもしれないし、今までの考え方を変えなければ対応できないことが起きた時かもしれない



1.物事には「終始本末」がある。

物とは存在であり、そこには「本末」がある。

事とは出来事であり、そこには「終始」がある。

物事の終始本末を間違える本末転倒するとおかしくなる。


では、私にとって「目標」は本か末か。「生き方」「在り方」は本か末か。

本とは「根っこ」、末とは「枝葉であり花実」に例えてみたらよく分かる。


「目標」は末。


「生き方、在り方」は本。


生き方を決めるのは、理想精神や志義。そこから縁に沿って、強く豊かに枝葉を伸ばし、花実(末)を結ぶよう邁進する。


もちろん、物には本末があるのだから、「目標」が不要というわけではない。目標も大切。

目標にすがらない、目標を「本」にはしないという事だ。


cf.東洋思想◇「臨済録 示衆」メモ

http://ameblo.jp/goethe-feg/entry-12266946565.html?frm=theme

cf.東洋思想◇「臨済録」から学んだ

http://ameblo.jp/goethe-feg/entry-12267441992.html?frm=theme


目標がないからといって、自分を躍動させられないのなら、それは「目標がないと一生懸命になれない」という「生き方」のせいではないか。


◇私の理想は何か。どんな「生き方」を志しているのか。

・自分の資質・才能に応じて修養鍛錬。自分が変わっていくことにワクワクする。

・不撓不屈。怯まず臆せず勇敢に、人生のあらゆる艱難辛苦・利害得失・喜怒哀楽・栄枯盛衰を味わい尽くしながら、自分の信念(理想精神)を試していく。

・矛盾を克服して一段上へ成長する。

・人に優しく。すると、その場に調和が生まれやすい。

・覚悟を決める。



2.目標という「末」をあまり気にしないのが、例えば「稽古」。

稽古とは「古きと稽(くら)べる」。昨日の自分や師とくらべてどうか。

昨日より少しだけでも変化しているか。

この積み重ねが、自分をとんでもない高みにまで連れて行ってくれる。


強いて「目標」を言うとすれば、それは「道を歩き続ける」ことか。

もしくは、目標とは、生き方・在り方の積み重ねの先にある花実のように自然と結ばれるもの。

従って、目標は予め定めたもの。「予定」と同義となる。


cf.292話◇努力の基本

http://ameblo.jp/goethe-feg/entry-12265570719.html?frm=theme

cf.294話◇集中を妨げるもの

http://ameblo.jp/goethe-feg/entry-12269120566.html?frm=theme



そもそも、「道を歩き続ける」以外に、目標は必要だろうか?


必要な時もあるし、不要な時もある。

必要な時は、3時間後のことでも30 年先のことでも、予定としてスケジュールに入れて準備を始める。


必要ならば目標を掲げる。予定なのだから、出来るか出来ないかを考えて手帳に書き込むわけではない。

やり遂げるという覚悟や意志の表明である。


目標をこんな風に考えると落ち着くし、同時に心はワクワクして静かに滾る。



今の私にとって目標とは、「道を歩き続けること」であり、「蓋然性の高い予定」である。時が来ればまた変化していくのでしょう。


◇このブログで追加する私の目標(道・予定)は、

・昨日より少し自らの理想に向かう。

・心中常に喜心を抱く、感謝、陰徳を積む。

・お金の使い方の上達を図る。成長・共栄・調和に繋がらないことに金は使わない。


・収入のルートをたくさん構築する。

・ブログからも仲間を増やす。

・お盆明け、大切な人と過ごす。

↑このページのトップヘ