🔴å‰ĩ造変化11.◇「つくる」という道


ã€ŒåˇąãŽé“ã¯ã€â—¯â—¯ã‚’ã¤ãã‚‹īŧˆį¯‰ã„ãĻいくīŧ‰ã“と」


0.道とは歊くもぎである。すãĒã‚ãĄåŽŸčˇĩである。äŊ•ã‚’原čˇĩするか。「造化ぎ働き」を原čˇĩするぎである。造化ぎ働きを、č‡Ēらぎčŗ‡čŗĒや才čƒŊやåĸƒé‡ãĢåŋœã˜ãĻ、様々ãĢå…ˇįžåŒ–īŧˆč‡Ēåˇąã‚’åŽŸįžīŧ‰ã—ãĻã„ãã“ã¨ãŒã€åˇąãŽé“ã‚’æ­Šãã¨ã„ã†ã“ã¨ã§ã‚ã‚‹ã€‚


1.つくるもぎは、ぞずč‡Ē分である。

č‡Ēåˆ†ã‚’æŠŠæĄã—ã€æ šæ€§ã‚’åŠãį›´ã—、åŋ—ã‚„į†æƒŗãĢ向けãĻåŋƒã‚‚čēĢäŊ“ã‚‚é ­ã‚‚å‰ĩ造変化させãĻいく。そしãĻ、į¤žäŧšã‚„æ­´å˛ãŽä¸€éƒ¨åˆ†ã¨ã—ãĻ、į¤žäŧšãĢã‚‚æ­´å˛ãĢも参į”ģしãĻ、į›ŽãĢčĻ‹ãˆã‚‹ã‚‚ぎもčĻ‹ãˆãĒいもぎもつくãŖãĻいく。


äŊ•ã‚’äŊœã‚‹ãŽã‹ã€‚č‡Ē分ぎčŗ‡čŗĒãƒģ才čƒŊãƒģ個性をæ´ģかし、åŋƒãŒæģžã‚‹ã‚‚ぎをäŊœãŖãĻいくぎである。


料į†ã€äēē間é–ĸäŋ‚、įĩ„įš”、äģ•äē‹ã€įŦ‘éĄ”ã€å…ƒæ°—ã€åŽļ族、čģŠã€ã‚šãƒžãƒ›ã€éŸŗæĨŊ、æ‚Ēåˇ§ãŋ、遊ãŗ、å­Ļ問、ãƒĢãƒŧãƒĢ、įĩĩ、į‰ŠčĒžã€æ€ã„å‡ē、čēĢäŊ“、ã‚ĸプãƒĒã€ãŠã‚‚ãĄã‚ƒã€æŠŸäŧšã€æĨåš´2月ぎæŧ”æ­Ļ â€Ļį­‰ã€…。



2.つくるためãĢはぞず「元気īŧˆæ°—力ãƒģéĒ¨åŠ›īŧ‰ã€ãŒåŋ…čĻã§ã‚る。

そしãĻ、č‡Ē分ぎčĒ ãŽåŋƒãŒæģžã‚‹ã€Œį†æƒŗį˛žįĨžãƒģåŋ—įžŠã€ã‚‚。

äģ˛é–“もいãĻくれた斚がいい。įĩ„įš”ã‚„åŊšå‰˛ã‚‚あãŖた斚がいい。

そしãĻį­‹é“ã‚’įĢ‹ãĻãĻã€åŽŸčĄŒã—ãĻいく。

īŧˆå‰ĩ造変化6.◇äēēį‰ŠæĄäģļã¨č‚˛ãŋ斚とį›Žæ¨™ 参į…§īŧ‰


そぎ中ãĢおいãĻ、č‡Ē分を抑えずãĢ全部æœŦ気å‡ēしãĻいるか。毎æ—Ĩ毎æ—Ĩ栚性を及きį›´ã—ãĻ、æ—Ĩ々新たãĢč‡Ē分とį¤žäŧšã¨å‘かい合ãŖãĻいるか。反įœã—たい。


æœŦ気で挑めば、į›¸æ‰‹ã‚‚į¤žäŧšã‚‚æœŦ気で向き合ãŖãĻくれることが多い。

だから、栚性を及きį›´ã—ãĒがらæœŦ気ãĢãĒãŖãĻåˇąãŽé“ã‚’é€˛ã‚€ã€‚



3.åˇąãŽåŋƒãŽåĨĨåē•ãŽæģžã‚Šã‹ã‚‰ã€č‡Ē分をå‰ĩ造変化させãĻいく。それは換えが劚かãĒいã‚ĒãƒĒジナãƒĢだ。


そんãĒč‡Ē分をエãƒŗã‚ŋãƒĄæĨ­į•Œã§čĄ¨įžã™ã‚‹ãĒら、そぎäēēãŸãĄã¯čŠ¸čƒŊäēēãƒģäŋŗå„ĒãƒģåĨŗå„Ēį­‰ã¨å‘ŧばれる。

åˆĨぎæĨ­į•Œã§čĄ¨įžã™ã‚‹ãĒら、ã‚ĸãƒŧテã‚Ŗ゚トや゚ポãƒŧツプãƒŦイヤãƒŧ、äŊœåŽļ、料į†äēē、ä¸ģåŠĻ、įˆļ、母、兄、åŧŸâ€Ļį„Ąæ•°ãĢ聡æĨ­ã‚„åŊšå‰˛ãŽåå‰ãŒå…Ĩるだろう。



č‡Ēåˆ†ã‚’æŠŠæĄã—ã€čŗ‡čŗĒやčƒŊ力を鍛éŒŦäŋŽé¤Šé™ļå†ļしãĻ、造化ぎ働きを様々ãĢå…ˇįžåŒ–しãĻいく。おんãĒ時もįŠļæŗãĢåŋœã˜ãĻ造化をä¸ģäŊ“įš„ãĢå…ˇįžåŒ–しãĻã„ãã€‚ãã‚ŒãŒåˇąãŽã€Œé“ã€ã€‚


č¨€ã„æ›ãˆã‚Œã°ã€

äŊ•ã‚’čĻ‹ãĻも、äŊ•ã‚’čĄŒãŖãĻも、全ãĻãĢおいãĻč‡Ē分ぎä¸ģäŊ“性とå‰ĩ造性をį™ē揎しãĻいく。

やるずきこともやりたいことも、一つãĢãĒãŖãĻ原čˇĩしãĻいく。åŋƒãĢ喜įĨžã¨æ„ŸčŦã‚’æŠąã„ãĻ。

įŦ‘éĄ”ãŒæ¸›ã‚‹ã‚ˆã†ãĒį”Ÿãæ–šã¯NG。

これが道である。



4.č‡Ē分はäŊ•ã‚‚つくらず、č˛Ŧäģģã‚‚č˛ ã‚ãšã€ãŽã†ãŽã†ã¨æļˆč˛ģだけしãĻį”ŸããĻいたことãĢようやく気äģ˜ã„ãĻ愕į„ļとした。


č‡Ēåˆ†ã‚‚å‘¨å›˛ã‚‚į¤žäŧšã‚‚、į ´åŖŠã—ãŸã‚Šæ‰ščŠ•ã—ãŸã‚Šåœæģžã•ã›ã‚‹ãŽã¯é€ åŒ–ではãĒい。

つぞり、道ではãĒい。


そうではãĒãã€åˇąãŽåŋƒãŽåĨĨåē•ãŽæģžã‚Šã‚’å…ˇįžåŒ–しãĻいく。

䞋えるãĒã‚‰ã€čŠąã¯čĒ°ã‹ãŽãŸã‚ãĢå’˛ããŽã§ã¯ãĒã„ã€‚åˇ˛ã‚€ãĢåˇ˛ãžã‚ŒãŦč‡Ēåˇąīŧˆč•žīŧ‰ãŽį™ēįžã ã€‚åˇąãŽé“ã¨ã¯ãã†ã„ã†ã“ã¨ã€‚



5.ところで、äēē間ãĢはæ•ŦするというåŋƒãŒã‚る。それは、č‡Ē分よりéĨかãĢ偉大ãĒもぎ、尊きもぎãĢ寞しãĻæŠąãæ„Ÿæƒ…ã§ã‚ã‚‹ã€‚


æ•Ŧぎ栚æēã¨ã¯ã€ã¤ããŖたもぎīŧˆæœ‰åŊĸį„ĄåŊĸを問わずīŧ‰ãĢ寞しãĻį”Ÿãšã‚‹æ„Ÿæƒ…であり、「つくる」エネãƒĢã‚Žãƒŧぎ最たるもぎが「造化」という万į‰Šã‚’į”ŸæˆåŒ–č‚˛ã—ãĻいく力である。

į§ãŸãĄã‚‚「造化ぎ働き」ãĢよãŖãĻį”Ÿãžã‚ŒãŸã€‚


そこで、造化ぎ働きをäēēãŒå…ˇįžåŒ–したところãĢ「æ•Ŧする」という感情がį”Ÿã˜ã‚‹ãŽã§ã‚る。


æ•Ŧするという感情がčŠŊį”Ÿãˆã‚‹ã¨ã€ããŽå‰å¤§ãĒå¯žčąĄãĢäģ•ãˆãŸããĒるもぎ。

それは、č‡Ēらもそぎ偉大ãĒもぎ、尊きもぎãĢ少しでもčŋ‘äģ˜ã„ãĻã€é€ åŒ–ãŽåƒããŽå…ˇįžåŒ–ãĢ参じたいからである。


æ•Ŧするというåŋƒã¯ã€äēē間だけが持つ尊き感情である。



閑話äŧ‘éĄŒ

◇į§ãŽã€Œé“」は、


料į† æ­Ļ道 ピã‚ĸノ į­‹ãƒˆãƒŦ å­čĄŒ æ´ģå­Ļ 書道 äģ•äē‹â€Ļ をはじめ、あらゆるįĩŒé¨“ã‚’įŠã‚“で器量ãƒģ抟鋒ãƒģ造čŠŖã‚’č‚˛ãŋãĒがら、č‡Ē分をおこぞでもįŖ¨ã„ãĻいくこと。

ぞた、åŧˇãå„Ēしく気éĢ˜ã„åŋƒã‚’æ­ģãŦ時ぞでずãŖとįŖ¨ã„ãĻいくこと。


そしãĻ、垗意分野でぎč‡Ē分ぎã‚ĒãƒĒジナãƒĢと、č‡Ē分ぎåŽļ族とäģ•äē‹ã€ã˛ã„ãĻはæ˛ĸåąąãŽäēēぎįŦ‘éĄ”ã‚„å…ƒæ°—ã‚„åŽ‰åŋƒã‚’つくãŖãĻいくこと。



「道」とは「造化īŧˆã¤ãã‚‹īŧ‰ã€ãŽåŽŸčˇĩである。


åž“ãŖãĻ、栚性を及きį›´ã™ãšãæœŦ気で問うずきは、

ãƒģč‡Ē分はäŊ•ã‚’始めたかīŧŸ

ãƒģč‡Ē分はåŋƒã‹ã‚‰į´åž—できるäŊ•ã‚’つくãŖãĻきたかīŧŸ

ãƒģč‡Ē分はäŊ•ã‚’į¯‰ã„ãĻいるかīŧˆį¯‰ã“うとしãĻいるかīŧ‰īŧŸ

である。


これらãĢぞともãĢį­”えられãĒいぎãĒら、栚性を及きį›´ã—ãĻ「造化ぎ働き」ãĢ参ずるäŊ™åœ°ã¯ååˆ†ã‚る。



č‡Ē分をæœŦ気でつくる。

č‡Ē分ぎčŗ‡čŗĒをæ´ģかし、様々ãĢつくる。