🔴創造変化9.◇陰陽 泥も華も忘れずに


0.言葉にすると矛盾しているものでも、物事は矛盾を内在させながら進み、発展していくもの。

矛盾を無くすことばかり考えていると、理想を見失う。大きく構えて、矛盾はそのままで、それでも飲み込んで消化していくこと。


矛盾といえば、やはり人間関係だろう。

しかし、「矛盾は嫌だ」といって、人間関係を拒んで殻に閉じこもってばかりいては、そこに成長発展はない。


他人に対して無関心に過ごしていると、心は軟弱になる。すると、些細なことにも傷付いて反発するようになってしまう。自分は被害者である捉えるようになる。

親切に気付けなくなり、傲慢になり、社会に自分を曝していくことが難しくなる。

つまり、「造化」から離れてしまう。


1.そんな生き方が理想なのか?


矛盾を引き受ける器量と、そこから共栄に進む機鋒(展開力)を備えた男が理想ではなかったか。



◇まずは自分の中の矛盾(陰陽)を止揚していく

・正座(姿勢)は崩さず、柔らかい雰囲気を創る

・心を無(静)にして、稽古(動)で汗をかく

・温和な態度で接して、己の義は貫く

・厳しく当たる中で、温かい心を離さない

・無手の技を稽古する中で、得物の技を稽古する

・酒も女も大好きの中にあって、崩れない

・元気で気力を充実させて、静かである

・妥協しまくる中で、軸はブラさない

・怒りの中で、言葉は丁寧に

・人は憎まないが、そのふざけた行為は毅然と排除する

・憎む力と祝福する力。どちらも持つ。

・貸すことと借りること。借りは真っ当に返し、またいつでも貸せるやり取りを継続。

・陰陽の矛盾は、理想を掲げて飲み込む

・闘うことは厭わないが、平和共栄を目指す


・可愛いが、腹が座っている。


これら自分の中の陰陽を、日常の喜怒哀楽・艱難辛苦・利害得失・栄枯盛衰のあらゆる経験を味わい尽くしながら修養鍛錬していき、自らの風韻(風流余韻)・リズム、つまり個性を磨き上げていく。



もちろん、時には陰(裏・影・秘密)に徹し、時には陽(表・光・公開)に徹することもある。


ただ、そんな中にあっても、

陰に徹する時は、華(陽)を忘れず。

陽に徹する時は、泥をかぶること(陰)も忘れず。


常に陰陽を抱え込むことは様々なリスクがあるにせよ、陰陽片方だけだと進歩発展の力が失われていく。

力が失われるよりは、リスクを取る。力を取る。



2.◇人は本来「造化(陰陽)の働き」そのものである。つまり、

・元気であり

・明確な理想を持っている

・矛盾を飲み込むくらい大きく構え、

・時に陰に徹し、時に陽に徹して働く

・良い時に驕らず、悪い時に凹まず、

・自らの風韻(リズム)を育み、

・様々に造化を具現化(自己実現)していく。


木を見て森も見て、私利私欲にこだわらずに全体の調和や陰陽のバランスを考えて微調整しながら物事を発展させていくと、自ずから自分も豊かになっていく。


それが自然なことであると、東洋思想は教える。