2018年04月

433話◇勝つために?(2


だから、その勝負に勝っても負けても引き分けでも、まずはその機会を作ってくれた全て(敵、味方、関わった人、環境等)に対し、「感謝」。


その中で、

相手に対して「敬」を、己に対して「恥」を感じることもあろう。

己の成すべきことを為せたかどうか、己を「省みる」こともあろう。



そして、勝負の結果を堂々と威厳と謙虚さをもって受け止める。



その後、次を作れるなら、

次を見据えて己を前に進めていく。

FullSizeRender


第432話◇勝つために?


「勝つこと!」を目標とすると、「勝ちたい」という自分の希望になるものばかり集めてしまいがちになる。


しかし、「希望」をいくら集めてみても、それは「戦い」と「勝ち」の因果関係を繋ぐ筋道にはならない。




私が求めるものは、「勝つこと」とは少し違うのだ。

求めるものは、いい勝負を作り上げること。


だから私は、勝つことを望んで勝負に挑むわけではない。


今の自分の最高の「造化」を、堂々と勝負の中に顕現させるために勝負に挑む。

勝つという結果を求めるのではなく、勝負の終始本末を見極め、その時その時に己の成すべきことを為すことを求める。


結果は、行為の延長に現れるもの。

それは自分で決めることではなく、勝負そのものが決めること。時が決めること。



造化の「理」を会得し、筋道を立て、タイミングを見極めて、己の心・技・体・知・徳を堂々と発揮する。



人がやれることは「人事を尽くして天命を待つ」、つまり「その時その時に己の成すべきことを為す」だけである。

FullSizeRender


431話◇嘘(2


しかし、人が虚飾を塗り重ね、もっと我欲を満たそうとすることも、

そもそも人間が「造化」の一部であり、その造化は「永久不慊」という「現状への物足りなさ」を常に感じ、理想へ向かっての絶えざる創造と変化を顕現しようとするはたらきである以上、人間の本性の一つである。


造化という道の心(誠)は誰もが備えている。また、我欲を満たそうとする私心も、誰もが備えている。

自己の心には、「道心」「私心」の二つが共存している。


常に在る「物足りなさ(永久不慊)」こそが意志の始まりであり、私心を道心に近付けるかどうかの努力は、本人の意志によるしかない。



「造化」の何億年という絶えざる努力・はたらきが万物を生み出し、そして人間に到ったことを考えてみれば、

人間が生み出す「嘘」に対しては埃を払うよう接しながらも、人に対してはもう少し慈悲深く温かく接すること。

それが、人の道というものだろう。



自分に返り、

「自分はどう在りたいか」

「そのために己が成すべきことを為す」

ここに集中する。


様々な嘘に翻弄されるのではなく、嘘は吹き飛ばすか喰らってしまい、全て己の経験とし栄養としてしまうことだ。

IMG_6654


430話◇嘘


テレビをよく観るだろうか。

「お天気コーナー」以外のほぼ全ての番組は、ニュースでもドキュメンタリーでもバラエティーでもドラマでも、画面に映るものは全て虚構である。


スポンサーやプロデューサーの意向に沿うように、情報の送り手側にとって有益に構成・演出されて、流される。


映像や音声や情報を逆算し、そこに己の想像力と洞察力・観察力を加えて深く分析しなければ、嘘に流される。


要するに、メディアやネットから溢れてくる情報は、ほとんど嘘である。

特に、自分発信のSNSは虚飾の塊のようなもの。その嘘を理解した上での「嘘ごっこ」で「いいね」とやってるなら問題ない。


しかし、これがバーチャル(嘘ごっこ)じゃなくリアル(現実)の生活の一部になってしまっているとしたら、問題である。



リアルというのは、目の前の具体的な現実のことである。視覚や聴覚だけでなく、五感全部で感じられる。


現実とは、「いいね」が100ついたというのではなく、今目の前に100人いるとして、その100人を「いいね」と頷(うなず)かせる話なり表現なりができるということ。


現実とは、美味しそうな食べ物の写真をSNSに投稿するのではなく、家族や友達と一緒に食事を作ってワイワイ楽しんだり(喧嘩したり)すること。



メディアの中の世界は虚飾である。

バーチャルにリアルを侵食されていいのだろうか。

現実99%、バーチャルは1%の比率くらいが丁度いい。笑

image


429話◇実際にやる


「理解」とは、自分の経験を通しての気付きや閃きのこと。


だから、実際に「やる」。

バーチャルではダメ。


「やってみろよ」と言うと、「つまらない、面倒臭い、疲れた、眠い」等と言って、頭の中だけで勝手に結論出してしまう人がいる。

そんな風に物事を考える人は、気分が落ち込みやすい。


当たり前だよ。

頭の中だったり、バーチャルだったりするのは、実際にはしてないわけだから、リアルの醍醐味はない。それじゃ、あんまり面白くない。面白くない、つまらないなら、気分は落ち込んでいく。


「やることがない、つまらない」のは、自分の主体性・創造性を発揮していないから。



頭の中でイメージを描いたら、身体を実際に動かしてやってみる。目の前のこと、何でもやってみる。

そこに椅子があるなら、その椅子を何とかして、面白くしてみろよ。

座ってるだけじゃなくて、その椅子の脚一本でバランス取って立たせてみるとか。笑


実際にやってみる。

そこから、いろんな試行錯誤や創意工夫、様々な物事や人々との結びつきや機会が生まれ、面白くなっていく。色んなことが分かってくる。



外からの情報や他人の経験やデータに縛られて、分かった気になってる場合じゃない。

バーチャルの経験しかないのに、実際にやった気になってる場合じゃない。




気分が落ち込みやすい人は、バーチャルから離れてリアルに徹する。暇な時間を作らないこと。主体性・創造性を発揮して。



皆が「つまらない」と言うことでも、

「私だったら面白くできる」と言って、色々やってみる。

IMG_7020


↑このページのトップヘ