549話◇越生町の大楠の木


越生梅林を越えて、道なりに行くと「上谷(かみやつ)の大クス2.4km」という看板がある。その先にある坂道を登った先に大樹はそびえ立っている。

幹回り15m、高さ30m、そして樹齢は1,000年以上の上谷の大楠。



この楠木がすごいのは、何をするわけでもなくただここに存在しているだけで、人々を感動させたり元気にさせてきたということ。


この楠木は1,000年もの間、その生き様を私たちに曝している。


姿は歪だ。

それでもどっしりと根を下ろし、何からも逃げることなくそこに存在し続けている。

そんな楠木に触れると勇気が湧いてくる。


何からも逃げず、

自分を曝して、

堂々と生きる。



またあの楠木に触れたくなった。

FullSizeRender