461話◇姿勢


合宿3日目に



例えば、虎は筋トレしない。

でも筋肉すごいね。まぁ、人間と野生動物を単純に比較するのは少し乱暴だけど。


知り合いで、ジムで鍛えている人がいる。


一方、ジムに行ってないのに鍛えた身体の人もいる。


筋トレしてないのに、鍛えられた身体というのは一体どういうことか。

その人は野生動物なのか?


そうかもしれない。


 …そうでないかもしれない。

意識、身体の姿勢、身体の使い方、物事に取り組む姿勢や「生き方」が、その人の姿形を作り上げていく。


生き方とは、金太郎飴のように、その人のどこを切り取っても見出すことができる姿勢だ。

そして、姿勢の眼目はその「勢」にある。

勢い(流れ)が生じないような「姿」は「姿勢」とは言わない。


例えば、早起き。

これは能力ではなく、その人の姿勢である。

能力というのは一時的なもので、怠けていればとたんに落ちていくが、姿勢はその人の人となりを表す。

早起きの人は、今日一日を主体的に創造していこうという勢いがあるものだ。


だから、仕事をする上でも姿勢がいい人は信頼される。


一番大切にしたい姿勢は、ひとりの時、誰も見ていないときの姿勢。

「誰かが見てるからやる。誰も見ていないからやらない」では、ただの人。


「道着脱いだら、ただの人」では、武道はただの習い事になってしまう。


武道は「道」である。

だから、取り組む姿勢を大切に。生きる姿勢を大切に。ひとりの時の姿勢を大切に。


歯も大切に。

IMG_1492