460話◇失敗


馬鹿は、失敗から何も学ばないから同じ失敗をする。


失敗を繰り返せば死んでしまう仕事もあるし、たった一度の失敗が取り返しのつかない事態を招くこともある。

人生は、同じ失敗を繰り返せば惨めに終わってしまう。


馬鹿では自分を生きることができない。

だから、失敗を繰り返す馬鹿ではいけない。



「誰も教えてくれなかったから」。


ん?選択する答えは「人のせい」なのか。

自分の甘さや弱さは放っておくのか?


その甘さは、怠惰であり卑怯な態度である。


甘さは失敗と同等の罪。

そこには真剣さが足りない。


そもそも、なぜ真剣にやることを「真剣にやれ」というか?

竹刀だとふざけることができてしまう。

しかし、真剣でふざけてたら大怪我するし死んでしまうこともある。絶対にふざけていられない。



閑話休題。

「誰も教えてくれなかったから」で済ませてはいけない。

それなら自分でやる。自分たちでやる。

「訓練すること。練習すること。学び会得すること。逃げないこと」。

「人のせい」を選択するより、100倍いい答えだ。



男として生まれたからには、最強の男として振る舞い、君臨する。

甘さ弱さとは訣別して、自分の誠を顕現させる。



合宿2日目に

FullSizeRender