459話◇基本と応用


「基本」とは、その根底にある道理を会得して、応用力を養う土台である。

「応用(臨機応変)」とは、展開力であり時中(機に応じ、時に従って事を処する)である。応用力を養うには、基本を学んだら、勇猛果敢にあらゆる経験を嘗め尽くすこと、色々なことを学ぶことが必要である。


従って、事に際しては、道筋をつけ、基本を押さえ、臨機応変に行っていくことが本筋だ。

基本に忠実なだけではちょっと勿体無い。


それは例えばこういうことだ。

ここに、同じ師匠について修行した二人の寿司職人がいるとする。


ふたりとも独立した。

・ひとりは、師匠から学び会得したその技術と知識を活かし、その腕を披露するようにお客さんに寿司を握る。

・もうひとりは、師匠から学び会得した技術と知識を活かし(そこまでは同じだが)、客の立場になって工夫して握る。


ひとりは自分の最高の腕を披露しようと握る。


もうひとりは目の前のお客さんのことを考え、工夫を怠たらずに握る。

例えば、歯の弱い人や年配の人には、そうでない人にはかけない一手間をかける。

イカを、その繊維を断ち切るように包丁を入れたりという一手間である。



実践の場とは、命を躍動させる場所であり、応用力(包容力・展開力)が試される場であり、醍醐味が味わえる場所である。

基本通りにやる場所ではないし、独りよがりでやる場所でもないし、曖昧な態度でやる場所でもない。



基本と応用はお互いに役割が違う。だから、矛盾対立することも少なくない。

しかし、造化(生成化育)へ指向するように、両方伸ばしていく。


それが道である。


夏合宿初日に。

IMG_6613